スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます 

皆さん
明けましておめでとうございます

今年の干支は「馬」でございます。いろんな所を駆けまわり、たくましく成長していくように子ども達を育てていこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

はじめの一歩 新たな一歩 

こんにちは!真下です!寒い日が続き、幼稚園、保育園では体調を崩して欠席者が多いところが目立ちますが

みなさん元気にお過ごしでしょうか?

さて、11月18日よりウィンタースポーツイベントの募集が始まっております。

スキー離れが著しい今日この頃、学校体育指導要領が改正されてスキー教室を実施しているところも多いそうです。

そんな私も中学、高校生の頃3泊4日でスキー教室があったことを思い出します。

5歳から始めたスキー。初めは父親から指導を受けて、滑れるようになったつもりでいました。

ところが高校でのスキー合宿の際プロのインストラクターの指導を受け衝撃を受けました。

曲がり、ブレーキなど、どれをとっても飛躍的に良くなり、フォームも一切の無駄がなくなったのを

今でも覚えています。これを小さい時から経験していれば・・・と今でも悔やんでいます。

そんな私も今や指導する側の人間になりました。今までの自分自身の経験、勉強してきた知識、全てをぶつけ

1人1人の能力が向上し、目標達成出来るよう指導していきたいと思います。

保護者のみなさんの中にも子どもに教えられるという方はたくさんいるかと思いますが、やはりそこには

家族であるが故「甘え」が生じ「限界」が訪れます。そして、子どもに経験させるのはまだ早いのではないか?

子どもが興味を持たないからと思っている方がいらっしゃるなら私から一言、はじめの一歩です。

まずやってみなければその子の可能性はわからないわけですし、もしかしたらもの凄い才能が眠っているかも

しれません。可愛い子には旅をさせろとは良く言ったものですが、子どもの可能性を信じたい!という方は

スポーツ指導のプロ、ハートサムにお任せ下さい!そして新たなる一歩を共に歩んでいきましょう!

写真を貼り付けて作ってみました。 

なんと!こんなのが完成!もっと集めて貼り付けていけば鮮明にウルトラマン出てくれると思います。

heartsomeMosaic.jpg

親鳥とヒナ鳥 

tori.jpg

こんにちは!ハートサムの臼井です。

師からこの言葉を教えられました。
   「碎啄同時」

そったくどうじ と読みます。
この言葉には深い意味が含まれていまして、「機を得て両者相応ずる得がたい好機」といいます。
ちょうど鳥の卵がかえるときに、ヒナが内から、吸ったり突いたりするのを「啄」と言い、親鳥が外からつっつくのを「碎」といいます。

「何かを教える時や、子どもが知ろうとする熱意が表れた時に、教えこむのが、教えのコツ。親鳥の碎とヒナの啄とが少しでもずれたら生命は継承されません。親だけが早まってしまいタイミングを逃したり、諦めて全てを手助けしてしまわず、子をしつけるのにも、子供がそれに対する意欲が湧いてきた時に与えるのが、本当の子どもへの教えだよ。」

このように言われた事があります。
子どもが何かのサインをだしていて、親がそれを感じとって手助けをするのは1番簡単で思い通りになります。しかしこの動作に子どもは
「サインを出せば親は思い通りに動く」
「自分がやりたくない・不利になった時は親に助けてもらえばいいや」
っと「親なしでは生きられない人間」になってしまします。

私も成人になって、始めはこの意味がわからず「だから何?」っと感じていましたが、色々な幼稚園・保育園・子ども・性格・環境をみてきて、子どもの将来を考えるにはどこかで子どもを放し、違う環境・違う人間の中で もまれなが
ら「どうこの状況を生き抜くか」という経験が大切なんだと感じました。
確かに親としては辛いでしょう
けどこの経験を沢山「させた」「させてない」では成人になり1人で「羽ばたける」「羽ばたけない」に変わってきます。

お説教のように見える文章で申し訳ありませんが、この「碎啄同時」だけでも覚えてください。
長々ともうしわけありませんでした。

昔の遊び 


さてさてみなさんこんんいちは 子供たちは日頃どんな風に遊んでいるのでしょうか?
少し前までは携帯ゲームなど無く遊んでいました。そのなかで一つ「ベーゴマ」があるのですが、この由来はバイ貝という巻貝の一種でその中に砂などを詰めて縄で独楽のように回したのが始まりだそうです。
 それが「バイゴマ」がなまり「ベイゴマ」になったそうです。

 懐かしむお父さん 久しぶりに自分のベイゴマを見つけて子供達に教えながらまわしてみてはいかがでしょうか?
| HOME | NEXT
Copyright © わんぱく体育スクール All Rights reserved. Design By Solo.Created by Kana.

わんぱく体育スクール

プロフィール

ハートMAN

Author:ハートMAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。