スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 懐かしい写真が出てきました。
DSC03127.jpg
DSC03126.jpg
DSC03125.jpg
 昨年までは、まだ幼い顔立ちでレッスンをしていた子達が
 今では年長のお兄さん・お姉さんになり小さな子達の面倒をみながらレッスンをするようになりました。
 これからまだ色々な事を学んでいって大きく羽ばたいてもらいたいと思っています。 
DSC04486.jpg
DSC04484.jpg
DSC04475.jpg
スポンサーサイト

運動会を終えて 

幼稚園・保育園の運動会が終り、これを機に子ども達も心も身体も急成長してきます。
わんぱくの子ども達も、各会場 様々ですが変化がたくさん見受けられるようになりました。

ある会場では「かけっこ」
ある会場では「なわとび」
ある会場では「姿勢・我慢」

他にも色々ありますが、幼児で4月から習い始めた子も今では体力もつき、自分から率先して行うようになり、小学生も上級生の話を聞き、難しい動きにも挑戦してきました。

これから私達は子ども達の可能性を引き出していきます。

DSC04483.jpgDSC04500.jpg
DSC04561.jpgDSC04535.jpg
DSC04575.jpg

オリンピックに向けて!~石井会場~ 

11月に行われます!わんぱくオリンピックに向けて石井会場では少しずつ練習を行っていっております!

今回は縄跳びの練習です!
より長い時間、跳べる方法やコツ等をみんなに教えて時間跳びにチャレンジ!まだまだ長い時間跳べる子は限られていますが、本番までにビシビシ跳ばして練習の成果をいろいろな人に見てもらいましょう!!

次は雑巾がけリレーの練習もするから楽しみにしててね(^o^)v

写真を貼り付けて作ってみました。 

なんと!こんなのが完成!もっと集めて貼り付けていけば鮮明にウルトラマン出てくれると思います。

heartsomeMosaic.jpg

親鳥とヒナ鳥 

tori.jpg

こんにちは!ハートサムの臼井です。

師からこの言葉を教えられました。
   「碎啄同時」

そったくどうじ と読みます。
この言葉には深い意味が含まれていまして、「機を得て両者相応ずる得がたい好機」といいます。
ちょうど鳥の卵がかえるときに、ヒナが内から、吸ったり突いたりするのを「啄」と言い、親鳥が外からつっつくのを「碎」といいます。

「何かを教える時や、子どもが知ろうとする熱意が表れた時に、教えこむのが、教えのコツ。親鳥の碎とヒナの啄とが少しでもずれたら生命は継承されません。親だけが早まってしまいタイミングを逃したり、諦めて全てを手助けしてしまわず、子をしつけるのにも、子供がそれに対する意欲が湧いてきた時に与えるのが、本当の子どもへの教えだよ。」

このように言われた事があります。
子どもが何かのサインをだしていて、親がそれを感じとって手助けをするのは1番簡単で思い通りになります。しかしこの動作に子どもは
「サインを出せば親は思い通りに動く」
「自分がやりたくない・不利になった時は親に助けてもらえばいいや」
っと「親なしでは生きられない人間」になってしまします。

私も成人になって、始めはこの意味がわからず「だから何?」っと感じていましたが、色々な幼稚園・保育園・子ども・性格・環境をみてきて、子どもの将来を考えるにはどこかで子どもを放し、違う環境・違う人間の中で もまれなが
ら「どうこの状況を生き抜くか」という経験が大切なんだと感じました。
確かに親としては辛いでしょう
けどこの経験を沢山「させた」「させてない」では成人になり1人で「羽ばたける」「羽ばたけない」に変わってきます。

お説教のように見える文章で申し訳ありませんが、この「碎啄同時」だけでも覚えてください。
長々ともうしわけありませんでした。
| HOME |
Copyright © わんぱく体育スクール All Rights reserved. Design By Solo.Created by Kana.

わんぱく体育スクール

プロフィール

ハートMAN

Author:ハートMAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。